スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check     
  
  

【動画】2分でわかる世界の国シリーズ

世界の国を2分で知ることができる動画が世間で話題になっています。

japan2min.png
↑日本のワンシーン

続きを読む

スポンサーサイト
Check     
  
  

【動画】4年間の沈黙を破って帰ってきた 『Where the Hell is Matt? 2012』 【YouTube】

4年間の沈黙を破ってあの名作の動画の新作が公開されました。

wherethehellismatt2012.png
↑日本(京都の伏見稲荷)も1秒だけ出てきます。

続きを読む

Check     
  
  

【動画】空港で預けた旅行カバンに隠しカメラを付けてみると映っていたもの

自分が空港で預けた荷物がどのような扱いを受けているか気になる人は多いと思います。
そんな人のための動画を紹介します。
(2分43秒と短い動画ですので、見てみてください)

_IMG_0360.jpg


続きを読む

Check     
  
  

【動画】初めてエスカレータに乗る人【ウズベキスタン】

エスカレータに初めて乗る人の動画を入手しましたので紹介します。


_IMG_4568.jpg
↑古い日本車(記事の内容とは関係ありません)

続きを読む

Check     
  
  

【動画】『たった5分でアメリカ縦断した気分になれる、お得な早回し映像』【記事紹介】【アメリカ】

ロケットニュースから動画の紹介です。

たった5分でアメリカ縦断した気分になれる、お得な早回し映像 by ロケットニュース
http://rocketnews24.com/2011/12/12/160638/


続きを読む

Check     
  
  

【動画】『FACE TRIP』

旅の動画の紹介です。

とある日本人青年が、約1年間のアジア旅行の間
毎日自分の顔を撮影し続け、それの変貌ぶりを見るという動画です。

と、説明してもよく分からないと思うので、
動画を見てください。

↓ ↓ ↓






しかし、1年で顔ってこんなに変わるのですね。
旅がそうさせているのだと思いますが、「旅が人を成長させる」ということがよくわかります。

何と言っても、
この動画を企画、そして、実践したことが素晴らしいです。



GIGAZINEでも紹介されていますね。

青年が1年間の旅でたくましく成長する様子を3分にまとめた「FACE TRIP」
http://gigazine.net/news/20110818_face_trip/

Check     
  
  

【動画】EAT-MOVE-LEARN

旅したくなる動画の紹介です。

同系列の3作品です。
良い味出してます。

44日間11カ国の旅が凝縮されています。


『EAT』






『MOVE』






『LEARN』



Check     
  
  

【動画】パロ空港からの離陸【ブータン】

前提知識として、
まず、コチラをご覧ください。

【コラム】世界一着陸が難しい空港は?【ブータン】



そのパロ空港の離陸時の動画です。
景色が良いので、景色だけでも見てやってください。





Check     
  
  

【動画】東日本大震災についてのダライラマ法王の法話(後半)【イベント】

下記の動画の続きです。

【動画】東日本大震災についてのダライラマ法王の法話(前半)【イベント】


ご覧ください。
(全30分の内の後半15分です)









スピーチの内容をテキストにしました。

そこで、少し英語でお話をさせていただきますけれども、
ここでももちろん英語圏の国々から
来らしている方々がいらっしゃいますけれども、

そのような方々からご覧になるならば、
私の英語がかなりのbrokenであるということは、
すぐにおわかりになるのではなるのではないかと思います。

私の英語は本当にたいしたものではなく、
私がこのように英語でお話をすると、
本当に猊下は英語がお上手なのだと思われる方も
おられるかもしれませんけれども、
そんなたいしたことではない訳なのです。

しかしながら、
私のこのようなbrokenな英語であっても
大変役に立っています。

なぜかといいますと、
世界の各国を訪問させていただいたときに、
その土地の方々と直接的なコンタクトを、
直接お話ができるという意味において
大変役に立っているわけです。

そして、まず、私たち人間のことを考えてみますならば、
私たちは全く同じの一人の人間であるわけであります。

そして感情を、様々な感情を持っているということ、
そして精神面においても、全く同じですし、
そして肉体面においても、このような体を持っている
という意味におきましても全く同じであるわけです。

そしてさらにそれに加えまして、
日本の方々も釈尊の教えに従っている一人の
仏教者であるというような立場におられるという意味においても、
全く私と同じ立場におられるというふうに思います。

そして私自身の体験から少しお話しさせていただきますならば、
私達はチベットという自分の国を失って以来、
たくさんな困難な状況に直面してきたわけです。

しかしながら、
私たちはそのような困難な状況の中において、
自分自身の精神というものをますます高めてくることが
できたのではないかと、そんな気がしている訳なんです。

そのような、困難な時代を過ごしてきた中において、
より強く自分の心の内なる力というものを高めることが
できてきたのではないか、というふうに思うわけであります。

ですから、そのような皆様方のような
困難な状況に直面しておられるような時には、
是非そのような悲劇に打ち負かされるということではなく、
現実のありようというものを正しく理解するということによって
自分自身の状況への対処の仕方を、より強く強めていって
いただきたいというふうに思うわけです。

それによって、皆様方の心の中にある内なる力というものを
ますます高めていくことができると思います。

そして、特に日本の方々は、第二次世界大戦後、
非常に多くの損害を受け、そして、
国土も多く破壊されたというような悲しい状況の中から、
立派に立ち上がられた民族であるわけであります。

つまり、そのような悲しい状況の中で、
多くの日本の方々が尊い命を失って来られたわけですが、
そして、それにさらに、長崎と広島において、
原爆が落とされてしまったということから
たくさんの尊い命が失われてきたわけなんです。

しかしながら、
日本の兄弟姉妹の皆様方は、決してそれに落胆することなく、
焼け野原の中からから立ち上がられたという過去の実績があるわけなんです。

ですから、今回も是非皆様方が
自信を失うということなく、前向きの姿勢で是非進んでいって
いっていただいというふうに私は思うわけでございます。

そして日本と全く同じように、ドイツ人の方々、
そしてポーランド人の方々にも、同じような状況の中で、
そういった逆境にめげることなく、立ち向かって来られたという
その勇気に対して、私は心の底から賞賛の思いを持っております。

そのようなたくさんの苦しみや
困難な状況を得たとき、決して諦めることなく、
自信を失うことなく、前向きに進んでいっていただきたいというふうに
私はそう考えているわけでございます。

ですから皆様方の過去のご体験というものを活かして
今現在は、非常に難しい、辛い状況に直面されていると思います。

そして経済的にも様々な問題が有ると思いますが、
自信を是非維持していただいて、
悲劇のことばかりを思い出して、それについて
心を痛めるということをするだけではいけないと思うわけなんです。

前を向いてそして、
将来を見つめて進んでいっていただくということを
是非していただきたいというふうに思います。

皆様方がは計り知れない心の力を持っていると思います。

そして、タヒチの方でも去年地震が起きましたけれども、
そして、その時には私はちょうどアメリカの西海岸を
訪問していてそのニュースを聞きましたが、その時にも
十万人もの、何十万人もの尊い命が失われているわけです。

そのようなときにそのような被災地のみなさん
心の勇気を無くすことなく、ご自分自身が持っていらっしゃる
その可能性というものに賭けて、そして自信をもってそのような
困難な状況に立ち向かってきておられるわけです。

そして現在は私たちは、
地球温暖化という問題も抱えているわけです。

そのような世界に起きてくる悲しい出来事そして
災害というものは今からも、次から次へと起きてくる
ものだと思います。

ですから、そのようなものが起きてくるからには、
私たちが心の中でそれに対する
準備をしていかなくてはなりません。

経済的な問題であれ、そのような自然災害であれ、
そのようなものに対して
心の準備をし、そして何かが起きたならば、

その状況をよりきちんと詳しく調べて、
それにどのような対処をしていったら良いのかということを、
きちんと調べていかなければなりません。

そのような生き方をこれからの時代に私たちはしていかなければ
ならないといけないかと思います。

つまりこれからの未来というものに対して、
一切のギャランティーは無いわけです。

物事というものは常に変化をしています。
そのような中で、そういった新しい現実に直面するということの
準備というものを私たちはしていかなければならないわけです。

この世の中には非情に贅沢な暮らしをしているような
非常に工業的には発展し、そして科学技術も発展した国々も
たくさんあります。

そのような国であっても、次から次へとこの世界は
新しい状況に直面していくのです。

そのような中で非常にたくさんの方々が
そのような贅沢を暮らしをしている方々がたくさんいる一方で
たとえ同じく国の中でもその貧しさというものと
戦い続ける人もいるわけなんです。

この過去2,3年の中で、私が日本を
訪問させていただく度に、そして時に日本のご友人の方々が、
学生達に英語の力を是非がんばって付けてください
というお願いをして参りました。

といいますと、
そのような英語力を高めていただくということによって、
日本人の方々は、教育的にもさまざまな科学技術のレベルにおいても
非常に素晴らしい力を持っておられるわけです。

英語力は、それに備えるということができましたならば、
皆様方、特に若い方々が持っておられる
その可能性の力というものを日本以外の
もっと知恵も必要としているような国に行った場合、
皆様方の農業技術であれ、科学技術であれ、
そのような教育面における皆様方の力であれ、
そのようなことをフルに活かしていくことができると思うわけなんです。

ですから、皆様方日本人の方々、非常に小さい国でいながら、
人口密度が非常に高い国となっておられるわけです。

しかし、その非常に限られた狭い土地を有効に使うという
ことのできる能力に長けておられるというふうに思います。

この世界には他の国を訪問させていただいた
時によくわかるわけなんございますが、
まだまだ無駄にされている空いている土地というものがたくさんあります。

そこで日本の皆様方の知識とそのような能力を活かして
そのような土地を有効に使うと、
そして、かつ、エコロジーを全く破壊することなく、
環境を破壊することなく、それらの土地を活かしていく能力と
知識に長けておられるわけですから
そのようなことのために是非前進していって
いただきたいというふうに考えています。

ありがとうございました。







Check     
  
  

【動画】東日本大震災についてのダライラマ法王の法話(前半)【イベント】

2011年4月29日にダライラマ法王による、
「東日本大震災犠牲者四十九日特別慰霊法要」
が執り行われました。


そちらについては、下記の記事をご覧ください。

【イベント】「ダライ・ラマ法王による東日本大震災犠牲者四十九日特別慰霊法要」に行ってきた【20090429】



このなかで、
ダライラマ法王による法話がありました。

その全内容を撮影しましたので、公開します。
(全30分の内の前半15分です)







スピーチの内容をテキストにしました。

こんにちは。

日本の皆様、一般の皆様方、
そして特に、この大地震によりまして被災された方々、
そして津波によって大変な目に遭われました方々、
そして原発の事故によりまして、いろいろ災害に遭われた方々が
たくさんおられると思いますけれども、

そのような被災地の方々は、
本当にひどい災害を被っておられているわけで
そのような中で、多くの方が尊い命を無くしておられます。

そして、亡くなった方々だけではなく、
その御遺族の方々にもたくさん残されているわけですが、
そのように本当にひどい災害を被られた中で、
本当にひどい苦しみを味わってこられ、
そして本当のつらい思いをした、ひどくされた方々が、
本当に大勢の方々がおられます。

そして、本当の多くの方が命を落とされているという中で
そのような皆様方全ての方々に
私から心からのご挨拶を申し上げたいというふうに思います。






そして、このような日本で大震災が起きたということが、
世界的なニュースとして流れた訳ですけれども
私自身もダラムサラにいる時にそのニュースを見まして、
ホントに、あぁ、ホントに酷いことが起こったというふうに
心にひどく悲しみが沸いて参りました。

そして、私たち人間達は、
例えどこにいても、どのような人であっても、
心の中から苦しみを避けたいと望み、
そして幸せになりたいということを望んでいるわけです。

そしてそのような中で、四大/五大、
そのようなこの世界の構成要素がございますけれども、
そのような構成要素がバランスを崩したという事から
生じてくるこの自然災害というもののなかで、
そのような悲しい出来事が起こってしまったということに対して
本当に悲しいことだという風に思います。

そして、地震や津波に加えまして、原発の事故ということから
さまざまな苦しみを皆様方被って来られたわけでございますが、

これらの問題、地震自身はこの天災、自然なる災害ということですが、
原発の事故という事によって、引き起こされた惨事というものは
私たち人間が作り出した問題となっているわけです。

そしてそのような事から、
私たちの心の中にはさまざまな不安や苦しみが生じてくるわけです。

そして、まず第一に日本の方々は伝統的に仏教の国である
ということが一つあります。

そして、第二番目に、
私自身個人的な観点から申し上げますならば、
昔からの知人、そして親しくさせていただいている
多くの友人の方々がこの日本にはおられるわけです。

そのような方々がそういった、地震、津波、
そして原発事故ということから、
非情なる大惨事に見舞われていると言うことから、
私自身の心にも非常に悲しい不幸な気持ちが
心の底から沸いて参りました。

そして、そのような気持ちが沸ていて来るならば、
私にできることと言いますのは、
祈願をし、そして被害者の方々の
心からの追悼の意を捧げさせていただく
ということ以外にはございません。

そして、まず仏教徒との一人であるという立場から、
皆様方日本も仏教国であるということですので、
普段から般若心経を唱えておられると思うわけです。

そのような大惨事が起きてしまったときには
この般若心経を読むと言うことによって、
私たちは宗教的な面から申し上げますならば、
法要をするということで被災者の方々、
そしてその周りの方々の御心を慰めるということが
できるというわけなんです。

日本にこの大震災が起きたときに
私はダラムサラにおりまして、ダラムサラでちょうど、
3/14,15日でしたけれども、タイから来られた
仏教徒の友人方が施主となった
法話をちょうど行っておりました。

その法話の中で、
さまざまな仏教についての説明/解説を
私はさせていただいたわけなんですけれども、

タイの方々は小乗仏教の国であるわけですが、
小乗仏教であれ、大乗仏教であれ、
この仏教に従事して、それを実践している者として同じ立場にあるわけです。

そこで私は、
被災地において、被災された方々に対して、
すべてのダラムサラにある僧院そして在家の人たち
そういった全ての方々のその法話の中において、
「ぜひみなさん、般若心経を日本の被災をされた方々のために、
読んでいただきたい」
ということをお話ししました。

そして「10万この回般若心経をぜひ、読んでください。」
というお願いさせていただいた訳です。









そして、私個人の思いを少しお話しさせて頂きますならば、
このような大災害に遭われたその国に行って
皆様方の御心の慰めに少しでもなれたらいいと、
いう気持ちがございました。

他に私にできることは何も無いわけです。
一般的に申し上げますならば、
人間の心の持ち方というものを考えてみるならば、

普通私たちの身に様々な苦しみや、問題や困難が沸き起こってくるとき
自分の知っている人がやって来て、そして
「心配しないでいいよ」
というような事を言っていただくと
とても心が慰めらるわけなのでございます。

わたしもこの日本の中に
多くの知人の方々が居らっしゃるということで、
きっと私自身も大変な思いをしたときに、
知人にそういうことを言っていただくことができたならば、
きっとすごく心が安まるだろと言うことを考えたならば、

皆様方もきっと同じだろうということが、
自分の心の中に沸き起こってきたわけなんです。

ですから日本の中には
私が存じ上げている方々がたくさんいらっしゃるという事で
心からそういった皆様方を慰めて差し上げたいという心が沸いてきました。

そして、たまたま、
この29日に私はロサンゼルスから始めて
アメリカのツアーを始める予定になっておりました。

そのような時に、
アメリカのトランジットとして
日本経由で、そしてその旅を始め、
そして日本の国にちょっと立ち寄らせていただいて
知人の日本人の兄弟姉妹の方々にお目にかかって
そういった気持ちを伝えることができたならば、そういう気持ちで、

そして、それと同時に四十九日の法要を営ませていただくことができたら
という思いで今日参りました、

そして、今日この場で
私のその思いが実現したことになります。

そのようなことに対して私自身
心から本当にうれしく思っております。









そして、仏教徒の一人の実践者/修行者の観点から
申し上げますならば、

何か逆境に立たされたような場合、
その逆境に立ったというその状況を
自分が悟りに至るための道の一つとして使う
という修行の方法が説かれております。

つまり、
そのようなひどい逆境に立たされたという困難は
起きてしまった場合は、
もうすでにそこに起こってしまったわけで、
それを無くすことはできないわけであるわけです。

ですから、ただこのような
悲しいことが起こったと、いう風にして悲しんで、
そして、心配するだけでは何の役にも立たない訳です。

そこで「シャンキテーバ」
日本語で「ジャクテン」と言いますけれども、
そのような同士の一人の方がおられますが、
その方がお書きになりました
「ニュー菩薩業論」というテキストがございます。

そのなかでこのように、シャンティデーバが
述べられている訳ですが、

「もし何事かが起きて、そしてそれを何とかする方法があるならば、
その何かの対策を講じる努力をするべきである。
そしてそれを何とかする方法が無いのであるならば、
それをそれ以上に悲しむ必要は無い」

ということを述べられているわけです。

ですから、皆様方もこの教えという
このアドバイスは非常に科学的と言いますか
非常に現実的な、毎日の日常生活に則した教えとなっていると
私は思います。

ですから皆様方も、
そのように一つ考えていただきたいと思うわけです。

起きてしまったことは、もう取り返しがつきません。

ですから、その代わりに、これから全く
落胆して勇気を無くしてしまうと言うことではなく、
これから先を見つめて、できる限りの努力をして、
再建復興のために努力をしていっていただきたいという風に思うわけです。

そして、
私はいつも日本を訪問させていただいております際には
日本の友人の方々、特に学校などを訪問させていただく場合に
そういった生徒さん等にお話していることに

「英語を是非勉強していただきたい」
「もっと英語力を付けてください」

ということをお話しさせていただいておりますので、

私自身もそれをちょっと実践して
英語ができるようなフリをさせていただいて、
英語でもお話しさせていただきたいと思います。

はっはっはっ(笑い)





後半の15分はコチラをご覧ください。

【動画】東日本大震災についてのダライラマ法王の法話(後半)【イベント】



Check     
  
  

【動画】『Around the world in 2000 pictures』

動画の紹介です。まずは、ご覧ください。


Around the world in 2000 pictures








2000枚の写真で世界一周を疑似体験できるムービーです。

世界一周と言っても8カ国だけらしいですが、
なかなか労力をかけたであろうと思われる作品ですね。

旅行したくなります。


ちなみに、
GIGAZINEでも取り上げられてました。
こっちには詳細な解説があります。

2000枚で世界一周、24日間で8都市を巡り撮影した写真をつなぎ合わせたムービー
http://gigazine.net/news/20110323_around_the_world_in_2000_pics/


Check     
  
  

【動画】21世紀仏教への旅@ブータン【ブータン】

動画の紹介です。

21世紀仏教への旅 ブータン

近年まで鎖国しており、
現在も半鎖国状態の国、ブータン。

そしてなんと言っても、
『世界一幸福な国』
としても有名です。


まだ日本でも世間一般にまでよく知れ渡っておらず、
ベールに包まれた国でもあります。


その国を知るために非常にいい動画を紹介します。


『21世紀 仏教への旅 ブータン』

です。
全てみると、120分弱あるかと思います。


タイトルから尻込みすることなかれ。
一見の価値はあると思います。
ご覧ください。

何よりも、
見終わると幸せな気分になっている自分に気づくと思います。










※上記の動画は一部(1/12)です。
 残りはYouTube上でご閲覧ください。





ブータンに興味を持った人は、
この本もあるので、
そちらを読んでもおもしろいです。

詳細は下記のリンクからお願いします。



Check     
  
  

【動画】キルギスにいまだ残る風習、「誘拐婚」【キルギス】

キルギスにいまだ残る風習、「誘拐婚」

動画の紹介です。




「誘拐婚」と言う言葉をご存じでしょうか。

キルギスに残る風習だそうですが、
内容はその名の通りです。

久々に受けた、カルチャーショックです。

とりあえず、ご覧ください。
2分22秒の動画です。









※埋め込みは禁止されているようなので、YouTubeにリダイレクトされます。



Check     
  
  

【動画】First time frisk in Laos【ラオス】

First Time Frisk in Laos


フリスクの販売していないラオスで、
『初フリスク』を経験していただいた動画です。






Check     
  
  

【動画】検証!ワオキツネザル【マダガスカル】

検証!ワオキツネザル


ワオキツネザルをご存じでしょうか?

↓知らない人は...
http://ja.wikipedia.org/wiki/ワオキツネザル


マダガスカルの固有種であり、
独特な色合いと、小柄でキュートなワオキツネザル。

しかしなんと言っても、
愛くるしい「日向ぼっこ」をする姿が彼ら自身を有名にしている。

↓こんなかんじ。
P1110399.jpg



しかし、本当に日向ぼっこをしているのだろうか?
ただのパフォーマンスではないのか?



と、すぐ目の前で見ていて疑問を感じた。
で、試してみた。






Check     
  
  

【動画】蛇つかい【インド】

蛇つかい






インドといえば、これですね。
実際目にして、ちょっと感動しました。

あんまり蛇が集中してくれていないのが、かわいそうなところ。
最後、オッサン噛まれそうになってるしね。


Check     
  
  

【動画】NoBorder3【チベット】







続きを読む

Check     
  
  

【動画】日清カップヌードル「NO BORDER」地球篇






続きを読む

Check     
  
  

【動画】NoBorder2【パキスタン】







続きを読む

Check     
  
  

【動画】日清カップヌードル NO BORDER「笑顔篇」







続きを読む

Check     
  
  
↓調べたいキーワードで検索
検索フォーム
カテゴリ
街 (0)
UAE (2)
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
56位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

WorldHacker

Author:WorldHacker
職業:職業ハッカー
趣味:机上バックパック旅行

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。