スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check     
  
  

【旅のノウハウ】16000円→100円でパスポート切替をする方法【ミャンマー】

コチラを読む前に、前提知識としてこちらをご覧ください。

【旅のノウハウ】パスポート切替についてのエトセトラ


さて、タイトルの通り、
パスポート切替えを格安で実施する方法についてです。



ミャンマーで可能です。

なんと、

日本で申請すると、16000円ですが、
ミャンマーで申請すると、

100円

になります。



ソースはここ。

ミャンマーでのパスポート更新、増補 by tabisite.com
http://tabisite.com/hm/memo/info/101103.html


上記サイトより引用

ミャンマーでのパスポート更新、増補

 旅行中にパスポートの更新や増補が必要になったときは
日本大使館や領事館でできる。

料金は基本的には日本と同じだが、支払いは現地通貨で、
料金改定時(普通は毎年4月1日)の公定レートで計算される。

なので、現在のような円高時には日本で作るときよりも高くつきがちだが、
公定レートが実勢レートとかけ離れたミャンマーでは非常に料金が安くなる。

現在、
新規パスポートは10年物で1070チャット、約100円、
増補は、170チャット、約20円でした。

安い! 
もっともジンバブエでパスポート取得の時の、
10年パスポート2冊+増補2冊分合わせて1円よりはずっと高いです(笑)

 新規パスポートに関しては、受領までに5営業日かかる。

これは東南アジア、特にタイにいる旅行者がこぞってパスポート更新に
来ないようハードルを上げているものと思われる。

なので交渉の余地はほぼない。もっともタイでも同じくらいの
日数がかかり、交渉に応じてくれなかった体験がある。

申請後、受領までは旧パスポートが有効なので、その間も旅行はできる。
新規パスポートは残存期間が6ヶ月を割りそうなものとか、
残り査証頁が足りなくなってきた場合、顔写真に大きな傷が付いたなど
著しく破損した場合、ICチップが読み取れなくなった場合などのみ可能。
安いからといって不必要にはできないので念のため。

 増補はその場ですぐにしてくれる。
増補に関しては、残り頁が幾らあってもできる規則なので、
そのうち必要になりそうだと思えば、やっておくのも手。

ジンバブエの時は新規発給と同時にしました。
今回は、もうそんな旅行しないかなと思い、新規パスポートのみで
増補はしませんでした。
増補パスポートは意外とぶ厚くて重いのです。




ポイントだけ要約すると、

どこの国でも、
日本のパスポート切替え料金の16000円相当の金額を
現地通貨で支払う必要があります。

だから、
公定レートが異常(日本円→現地通貨)な国で
切替え申請すれば安くなる。

ってことです。



その国がミャンマーなのです。
(ジンバブエも挙がってますが、今日現在は無理かと思います)

さて、
ミャンマーのレートの詳細については、コチラをご覧ください。

【セキュリティ】闇両替【ミャンマー】



独自に計算してみましたが、
現在のレートでもこれぐらいの料金でいけそうです。


こうすることで、格安になるのです。
こういう裏技っていいですよね~。

試してみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト
Check     
  
  

【旅のノウハウ】パスポート切替についてのエトセトラ

パスポートの切替についてです。

周知の事実ですが、
日本のパスポートの期限は、5年or10年です。

2011年5月現在、パスポート発給の料金は下記の通り。
・5年有効:11000円
・10年有効:16000円


で、パスポートですが、期限が近づくと、
切替えることができます。

※新たなパスポートに切り替わるので、
パスポートは「更新」や「延長」ではなく、「切替」と言われます。


で、パスポート切替えの料金は、
パスポート発給と同じ料金です。


このへんの詳細な情報は外務省のページ。
外務省: 国内及び国外でパスポートに関する申請手続きに必要となる書類



ここで疑問が。。。


「パスポート発給」「パスポート切替」 の違いは何か?


・申請手数料は同じ。
・できあがるまでの日数は同じ
・切替えしてもパスポート番号は変わる

メリットとしては、
・申請時の書類が、切替え時の方が少ない
でしょうか。
※資料については上記の外務省のページを参照してください。


正直あまりメリットはありません。


なんで、
日本に住んでいて、数年に1回海外旅行する人は、
無理くり期限内に切替えをせずに、
海外旅行に行く前に発給申請をすればいいと思います。


当然ながら、
海外に住んでいる人などは、期限内に
現地の日本大使館で申請をする必要があります。
(気をつけてください)




さて、このパスポート切替えですが、
格安で実施する方法があるのです。

そちらについては、コチラで。
↓↓
【旅のノウハウ】格安でパスポート切替をする方法【ミャンマー】






関連ページ
【リンク】外務省 海外安全ホームページ
Check     
  
  

【旅のノウハウ】電子ガイドブックのススメ【本】【LonelyPlanet】

電子書籍が注目を集める昨今、
世界的ガイドブックが、電子書籍を販売しています。
(かなり前から販売しています)


世界的に有名なガイドブックに「ロンリープラネット」があります。

↓ロンリープラネットを知らない方はコチラを読んでください。
【旅のノウハウ】LonelyPlanet考察【ガイドブック】


さて、
このガイドブックですが、電子書籍版もあるのです。

どういうことかと言いますと、書籍をPDF形式に変換したものです。
(内容的には、書籍版と電子書籍版は同じ内容です)



デジタルバックパッカーの方であれば、
こちらの電子版の購入をお勧めします。

理由は以下の通り。


●電子書籍版のメリット


Ⅰ.機動性up

機動性を重んじるバックパッカーとしては、
ガイドブックの大きさ/重さが気になるところです。
(ロンプラ書籍は情報量が多く、重いです)

PDF形式であれば、
手持ちのスマートフォンやモバイルPCに
そのまま入れることができるので、サイズ/重さ共に0です。



Ⅱ.柔軟な購入が可能

この電子書籍版ですが、チャプター毎に購入可能です。

たとえば、Japan版であれば、
(例としてわかりやすいように日本としました)

Japan travel guide
http://shop.lonelyplanet.com/japan/japan-travel-guide-11



①History, Culture & Food  (2.824Mb)  $4.95
②Tokyo  (4.282Mb)  $4.95
③Around Tokyo  (1.784Mb)  $4.95
④Central Honshu  (1.937Mb)  $4.95
⑤Kansai  (11.845Mb)  $4.95
⑥Western Honshu  (6.497Mb)  $4.95
⑦Northern Honshu (2.221Mb)  $4.95
⑧Hokkaido  (2.162Mb)  $4.95
⑨Shikoku  (1.952Mb)  $4.95
⑩Kyushu  (3.461Mb)  $4.95
⑪Okinawa & the Southwest Islands  (1.684Mb)  $4.95
⑫Directory, Transport & Language  (0.941Mb)  $4.95


といった具合のチャプター分割となっており、


東京と北海道のみの計画であれば、

①History, Culture & Food  (2.824Mb)  $4.95
②Tokyo  (4.282Mb)  $4.95
⑧Hokkaido (2.162Mb)  $4.95
⑫Directory, Transport & Language  (0.941Mb)  $4.95

のみを購入すればいいのです。


「知っている国ならともかく、
知らない国のガイドブックのどのチャプターに
どんな内容が書いてあるか分からないじゃないか!」

とお怒りの声が聞こえてきました。

LonelyPlanetさんは、その対応もできています。

上記サイトの購入ページの左に、

「Contents」 → 内容

「Getting Started」 → はじめに

「Index」 → 目次


へのそれぞれ3つのリンクがあり、
書籍の該当部分のページを見ることができます。


これで、知らない国であろうと、
チャプターの内容を把握することができるので、
安心して購入することができます。



Ⅲ.安い


なんといってもこれですかね。

1チャプターあたり、4.95$です。

Ⅱの例でも明らかですが、
必要なパートだけを購入することでかなり安く上がります。

Ⅱの例では、
4チャプターですので、16ドル足らずで購入できます。

本を買った場合は、約29$ですので、13ドルの節約になります。



で、さらに、デジタル版をまとめて購入すると安くなります。

例のJapan版では、12チャプターあるので、
4.95$ × 12チャプター → 60$
というのではなく、まとめて購入すると、

23.19$
となり、約60% OFFとなります。


つまり、同じ書籍で6チャプター以上を買う必要がある場合は、
まとめて購入した方が安くなるってことですね。




さて、気になる
電子版のデメリットも挙げました。

●電子書籍版のデメリット



Ⅰ.使いづらい


やっぱり、書籍として持つのと、
スマホなどの小さい画面でpdfファイルを見るのでは、
使いやすさは大きく違います。
(なれている人は問題ないでしょうが)

道で迷ったときに
本をパッっとだすようなことができません。



Ⅱ.無くしたときのダメージが大きい

街中でスマートフォンのような高級品を見ていると、
泥棒などなどにねらわれます。

気をつけないといけません。

スマホとガイドブックを同時に失います。

リスク分散的には、書籍の方が良いです。



Ⅲ.本棚が寂しくなる

やっぱり、本棚に旅行ガイドが多くなることで
自己満足が得られることが多々あります。

電子書籍じゃ、味わえないですよね。。。

(あまりいいデメリットが思い浮かばなかったです)





●総括●


ロンリープラネットを購入する人で、

かつ、

デジタル機器を旅先に持って行く人には、電子版をお勧めします。


これからは、日本の某ガイドブックも、
電子化が進んでいくでしょう。

楽しみです。




異論反論・同意の意見など、
コメントが有る方は、コメントお願いします。


上記の内容は、個人的な意見なので、
皆さんの意見を聞きたいです。

よろしくお願いします。




※関連記事
当ブログのLonelyPlanet関連の記事
【本】LonelyPlanet-Japan【ブックレビュー】


Check     
  
  

【旅のノウハウ】裏技!ビザ無しでのミャンマーへの渡航方法【ミャンマー】

ちょっとしたミャンマーに入国する裏技の紹介です。

※注意
入国を保証するものではありません。
集めた情報をベースに作成しており、実際試したわけではありません。



2011年3月2日現在、
日本人がミャンマーに入国には、ビザが必要です。

日本では、
ミャンマー大使館で事前に申請して取得する必要があります。

この審査が、年々厳しくなっているのです。
不安定な国際情勢や日本人記者が射殺されたことなどがあったのが原因。
で、申請が通らないことが少なからずあるらしい。

※参考
・ビザ申請時に旅行予定を提出する必要あり。
・会社の名刺を提出する必要あり。
 → メディア関連の会社は審査が厳しい。



ちなみに、ミャンマーは陸路での入国も無理です。
詳しくはこちら↓
【コラム】ミャンマーは陸路で入国できません【セキュリティ】【ミャンマー】【ニュース】



さて、
話は変わって、こんなニュースがありました。

↓読んでください↓

【ニュース】ミャンマー国際航空 ヤンゴン-シェムリアップ線を就航【ミャンマー】【カンボジア】





まぁ、ここまでは普通の話ですが、

なんと、

このヤンゴン-シュムリアップ線でミャンマーに渡航した際には、
空港でアライバルビザが発行される


らしいのです。



つまり、
日本での厳しいビザ発給の審査を通過しなくても、
この路線に乗れば、入国時にアライバルビザが発行され、入国できる!



というわけです。




繰り返しになりますが、
集めた情報から、推論している内容です。

具体的には、
アライバルビザが空港で簡単に(審査無しで)発行されるかは不明です。
アライバルビザが発行されるのは本当のようです。

実行する際は自己責任でお願いします。




実際にこの航路で入国した方がいれば、
連絡いただければと思います。




続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】現地の人と仲良くなり方(飲食店編)

旅に食はかかせない。
いや、食は旅においての目的の一つでもある。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】大量の5円玉を持って行こう【もちもの】

旅のもちもので便利なものの紹介。

5円玉
です。

3つの理由。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】パスポートとクレジットカードさえあれば旅行できる

海外旅行はパスポートとクレジットカードさえあれば旅行できるのです。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】クレジットカード選定【お金】

海外旅行ではクレジットカード必須です。

持って行くカードについての注意点をまとめました。
いわば、クレジットカードを選定する注意点です。


続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】現地人との接し方(基本編)

各国を旅行をしていると、
相手がどのような接し方をしてくるのは、こちらがどのような接し方をしているか。
という点に依存する部分が大きいと感じる。
(現地人に限らず、日本にいても同じでしょうが)

つまり、「こちらの接し方次第で相手の接し方が変わる」ということです。
いわば、「相手の態度は自分の態度の写し鏡」です。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】バックパッカーの旅ポリシー

この話の続きなので、これを読んでから。
【旅のノウハウ】自分ポリシーを決める


具体的にポリシーってどんなの?という声が聞こえてきましたので、
旅人に聞いたのいいものをいくつか紹介します。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】自分ポリシーを決める

制約のない完全フリーな海外放浪中では、自分なりのポリシー(方針)を決めて、
それに則って日々過ごすのが大切です。
でないと、大きく道を踏み外すことになりかねないです。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】レーシック手術のすすめ

長期旅行をする、メガネorコンタクトユーザの人にはレーシック手術をオススメします。


私もちょっと前まで、コンタクトを使っていたのですが、以下の問題がありました。
(コンタクトについて書いてますが、メガネにも当てはまると思います)

・毎日の手入れが面倒
→ 旅先に限ったことではないですが、毎夜の取り外し&翌朝の取り付けは面倒です。

・荷物が重くなる
→ 洗浄水や管理道具などが結構な重さになります。

・ゴミが目に入ったとき
→ 日本に比べて塵/埃が多いです。目にはいるとつらいことになります。

・衛生面で悪い。
→ 日本のように清潔ではないですので、手で目をこすったりすると、目の病気になる可能性があります。

・危険面
→ コンタクトを外しているときに、強盗などに襲われたらどうしようもありません。
それを狙っている、人もいるとか。いないとか。



レーシック手術を受けると、上記問題がすべて解決します。
手術を経験してから、煩わしさがなくなりました。

経験者が自信を持ってオススメします。
特に、これから長期旅行に出ると思っている人!



レーシックについて (※専門のサイトを見た方が確実です)
・手術時間は、10分程度。
・料金は20万円程度。
しかも、保険などに入っていると、保証が効きます。(私は5万円の補助が出ました)
さらに、紹介してもらうと、1.5万円ぐらい安くなります。
・私は、「品川近視クリニック」でしました。
紹介状あるので紹介しますよ。紹介者がもらう分のお金もいくらかお渡ししますのでw。




※別に、この記事を書いた裏の意図はありません。念のため。

Check     
  
  

【旅のノウハウ】屋台での注意事項

予算の限られるバックパッカーにとって、屋台での食事は必須となる。
そこでのノウハウを紹介します。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】旅先で覚えるべきフレーズ10【言語】

旅行のスタイルにもよると思いますが、
現地語で覚えるべき、優先度の高いフレーズを10個!
個人的に決めました。

必ず覚えてください。喜ばれます。
(英語での表記も書いてます)

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】あいさつで使う言語

あまり知られていない、役立つ話です。


海外の入国審査の時など、係員になんて挨拶してます?

挨拶していない人なんてのも多いでしょう。
これはマズイのです。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】トラベラーズチェック

トラベラーズチェック。

その詳細な説明はここでは避けるが、
簡単にいえば、再発行可能なお金。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】FACEBOOK【Web】

旅先で出会った現地の人や旅人との間で、
連絡先を交換することはよくある。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】インターネットカフェ【Web】

IMG_0749.jpg


インターネットカフェの普及に伴い、
旅先で情報を発信したり、情報を参照するのが容易になった。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】小銭での支払い

旅で買い物などを続けていると、
気づかないうちに小銭が大量に溜まっている。

続きを読む

Check     
  
  

【旅のノウハウ】現地の人と仲良くなり方(道端編)

国によっては、道端を歩いていると、声をかけられます。
是非、話をしましょう。

続きを読む

Check     
  
  
↓調べたいキーワードで検索
検索フォーム
カテゴリ
街 (0)
UAE (2)
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
42位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

WorldHacker

Author:WorldHacker
職業:職業ハッカー
趣味:机上バックパック旅行

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。